動物にとって病院はとても緊張する場所です。
ちょっとした物音でびっくりして逃げてしまったり、興奮して喧嘩をしてしまったりすることもあります。
また、当院はビルの2階にあり、フロアには他のテナント様もいらっしゃいます。
鳴き声や喧嘩に関しましては皆様のご協力とご理解を賜りますようお願い申し上げます。

※他の子と折り合いが悪い、興奮してしまう等、ご不安な点はご遠慮なく来院前に受付にご相談下さい。
  別のお部屋や診察時間をご用意させていただくことも可能でございます。

★ワンちゃんを連れてきていただくとき
首輪や胴輪を緩みのないようにしっかりと付けてあげてください。
体と首輪の間に指が1~2本くらい入る程度がちょうどいいサイズです。
普段お利口にしている子でも、具合が悪い時はイライラするものです。
待合室でお待ちいただいている間も、リードはお手元から離さないようにしてください。
また、体の小さい子はケージに入れてご来院頂くと、落下事故などを防止できます。

★猫ちゃんを連れてきていただくとき
キャリーバックなどに入れてご来院ください。
抱っこだけだと、緊張や興奮のために逃げてしまう可能性があります。
キャリーバックは診察室内で開けるようにし、特殊な事情によりやむを得ず待合室で
キャリーバッグを開けなければならなくなった際には、病院や診察室の出入りにご注意ください。

馬車道ペットクリニックでは、初診患者様の状況を的確に把握するため、問診票の記入をお願いしております。
身体的な障害により記入が困難なお客様はご遠慮なく受付にお声掛けください。
スタッフが状況を聞き取らせていただき、問診票を作成いたします。